トラックスケールメンテナンス・サポート
トラックスケール検定・法定検査

検定

取引・証明に使用する計量器は計量法で定められた検定に合格したものでなければいけません。
検定は、製造もしくは修理(精度に影響する部品を交換した場合)で必要となります。
また、2年に1度の定期検査(代検査)とは違い倍の精度をもとめられる非常に厳しい検査です。
検定に合格した計量器には銘板に検定証印(基準適合証印)が付されます。検定証印等が付された計量器は特定計量器であり、取引・証明用に使用できる計量器となります。

検定受検


TSP型 ピットレスタイプ

40tトラックスケールの検定受検時の写真です。

【計量器仕様】
Type:TSP型
秤  量:40t  (計量できる最大値)
目  量:10kg (目盛の間隔)
積載寸法:3×8m
システム:TSPC1000α

分銅積み20t>>

分銅積み30t>>

検定証印刻印>>


使用した弊社の15tユニック車>>


法定検査(代検査)

検定証印の付された計量器で取引・証明を継続して行う場合は、各県及び特定市が定める時期に定期検査(代検査)を2年周期で受けなければなりません。 代検査とは資格を持った計量士が検査を代行することです。弊社では計量士が代検査を行っています。

代検査


TSP型 ピットレスタイプ

40tトラックスケールの代検査時の写真です。

【計量器仕様】
Type:TSP型
秤  量:40t  (計量できる最大値)
目  量:10kg (目盛の間隔)
積載寸法:3×8m
システム:TSPC1000α
オプション:操作ポスト
オプション:データ転送(計量所→事務所)

分銅積み6t>>

分銅積み12t>>

分銅積み16t>>


使用した弊社の15tユニック車>>


Copyright(C) 1999-2011 MitsunariKouki Co.Ltd.  All Rights Reserved.