詳細な沿革

沿革

昭和23年 4月 光成 衛により光成衡機工業所として創業される
昭和35年 7月 大型基準分銅(500kg)を10t導入
昭和39年11月 資本金500万円にて株式会社光成衡機に組織変更
昭和40年 2月 トラックスケールの大型化に伴い、大型分銅(500kg)を10t導入
昭和47年10月 三階建て事務所及び工場を新築
広島県・岡山県にて検査を本格的に実施
昭和50年 1月 分銅の検査のため、1t基準台はかりを導入
昭和51年 6月 大型基準分銅(500kg)を10t導入。合計で30tとする
昭和57年12月 現会長 光成 誠之 社長就任
昭和58年 8月 大型基準分銅(500kg)を10t導入。合計で40tとする
昭和59年 9月 現住所に新工場並びに事務所を建設。全面移転を行う。
昭和60年 6月 同敷地内に機械及び電気設計関連の事務所を建設
昭和61年 1月 シールド関連機器の製造(ミキセル)計量とミキサーを一体化
平成 1年 2月 隣接地の土地200坪購入
平成 5年 5月 大型基準分銅(500kg)を10t導入。合計で50tとする
平成 5年 8月 資本金を500万円から1,000万円に増資
平成 7年10月 新事務所を建設
平成11年 4月 質量標準管理マニュアル承認事業者となる
平成11年 7月 福山市箕沖町に第二工場建設
平成12年 8月 トラックスケールデータ処理システム(TSPC-1000)ソフト
自社開発、完成
平成12年10月 マニフェスト発行システムを自社開発、完成
平成15年 3月 関東営業所を開設
平成18年 8月 資本金を1,000万円から2,800万円に増資
平成19年 5月 福山市箕島町に箕島倉庫開設
平成21年 4月 建設業 機械器具設置工業許可取得
広島県知事許可(般-21)第34829号
平成22年 1月 ISO9001 2008認証取得
平成22年 6月 和算計量計量システムPartida自社開発、完成
平成22年 8月 新計量法 型式承認取得
第D1034号
平成23年12月 新計量法 型式承認取得
第D1158号
平成25年3月 屋外カードリーダー自社開発、完成
平成25年 8月 光成 寿恭 社長就任
平成25年 9月 U字スケールの製造を開始
平成25年12月 太陽光発電設備 1号機(60kW)設置
平成25年12月 太陽光発電設備 2号機(30kW)設置
平成27年 3月 バイオマス発電設備向け水分率測定システム(在庫管理含む)
自社開発、完成
平成27年 3月 太陽光発電設備 3号機(15kW)設置
平成27年 7月 バンドソーマシン(大東精機製)更新 製造の拡充・生産性向上にあたる
Copyright(C) 1999-2015 MitsunariKouki Co.Ltd.  All Rights Reserved.